スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
逗子 トラットリア ラ・ベルデ
ご無沙汰してます。しろ文鳥です。(・e・)

休みのランチに、逗子の「LA VERDE(ラ・ベルデ)」に行ってきました。
ここにはもう何度となく通っています。
パスタが最高!

今回は電車でブラブラと行ってみました。
逗子駅から徒歩5分くらいのところなので便利です。

メニューを見たら、、今までなかった「プレミアム・モルツ」があるではないですか!
しろ文鳥、プレミアム・モルツ大好き☆
これはもう迷わず注文しちゃいました。
ラ・ベルデ プレモル2

昼下がりのビール。なんて贅沢な。
電車で来てたというのも、ほんとにラッキーでした。思わぬ収穫。


いつもはパスタだけ頼むのですが、(ボリューム的にも十分)
今回はプレミアム・モルツがあるので、前菜からいくことに。

迷った末、「ムール貝とあさりのワイン蒸し」。
ラ・ベルデ あさりとムール貝 ワイン蒸し1
ラ・ベルデ あさりとムール貝 ワイン蒸し アップ

このお店の前菜はどれもおいしそうで、いつか頼んでみたいと思っていたものが
いくつもあるのですが、これにして良かった。
貝が煮込まれすぎず、柔らかくておいし〜!


パスタ1品目は「ペンネ 海と山の幸 トマトソース」。
ラ・ベルデ ペンネ海と山の幸トマトソース
ラ・ベルデ ペンネ海と山の幸トマトソース アップ

ペンネが硬いくらい。歯ごたえしっかり。
でもそれがいいんですよぉ。


もう1品は「娼婦風のリングイネ」。
ラ・ベルデ 娼婦風のリングイネ
ラ・ベルデ 娼婦風のリングイネ アップ

これはこのお店でいつも頼む、私の定番。
なんで「娼婦」なのか分からないのですが、トマトソースにオリーブとケッパーが入ってます。

このリングイネのアルデンテも最高!!
トマトソースも絶品!!
おいしいなぁ、これ。

2人で食べてこの量はほんとにお腹いっぱい。
腹ごなしに、しばらく近辺をぐるぐる散歩してから電車に乗りました。
大満足ランチでした☆


  ★お店データ★
  トラットリア ラ・ベルデ
  神奈川県逗子市逗子2-10-3
  046-871-2439


  人気ブログランキング
posted by: しろ文鳥 | イタリアン | 16:56 | comments(9) | trackbacks(135) |
銀座 ロテスリー・レカン
おはようございます。しろ文鳥です。(・e・)(・e・)

今回は久しぶりにフレンチに行ってきました。
大学のときからの女友だち4人で。

場所は銀座の「ロテスリー・レカン」。
名高き「レカン」のややカジュアルバージョンといった感じでしょうか。
それでも十分豪華な雰囲気のお店でした。

ランチメニューは3種類から。
真ん中の2700円のコースにしてみました。
昼から奮発です。


まずはスパークリングワインでかんぱーい!
レカン スパークリングワイン
ビールもあったのですが、こんな雰囲気ではやっぱりスパークリングワインでしょう!?


私の選んだ前菜は、「パルマ産プロシュートと洋梨のサラダ仕立て」。
レカン プロシュートと洋梨
今が旬の洋梨、熟れてて最高です。
生ハム好きにはまたたまらない組み合わせでした。


これは友だちが選んだ、もう一方の前菜、
「天然海老のポッシュ 西洋わさび風味のカクテルソース」。
レカン えびの前菜
自分のプロシュートに夢中で一口もらうの忘れました・・が、実においしそうです。


パンは3種類から選べました。
これは「いちじくパン」と「ミルクパン」。
レカン いちじくパンとミルクパン
いちじくパンが絶妙でした。


次は本日のポタージュ。この日は「じゃがいもとコーンのポタージュ」。
レカン じゃがいもとコーンのポタージュ
なめらかでまろやかで・・そしてお腹にも結構ずっしりきました。


メインは魚1種と肉2種の中から選べたのですが、
私は「真鯛のグリエ あさりの白ワインソース」を。
レカン 真鯛のグリエ2
レカン 真鯛のグリエ1
皮目がカリカリに焼けてて、あさりダシもいいお味でした。

友だち選択の肉料理はかなりのボリュームでした。


最後はコーヒーとともにデザート。
マロンのアイスクリームとチョコレートケーキ、レアチーズケーキ。
レカン デザート1


食べながらも怒涛のおしゃべりが続き、気づいたら3時間を超えての食事になっていました。
明らかにディナー的な長さ・・


アルコールを含めて4000円弱の、なんともリッチな休日の昼下がり。
大満足のランチでした!


 ★お店データ★
 ロテスリー・レカン
 東京都中央区銀座5-11-4 銀座クレストビル1階
 03-5565-0770
posted by: しろ文鳥 | フレンチ | 08:39 | comments(2) | trackbacks(7) |
鎌倉 ちくあん (2回目)
こんばんは。しろ文鳥です。(・e・)

またまた行っちゃいました、鎌倉の「ちくあん」。
 前回はこんな感じ。

今日は店の近くを通りかかったわけではなく、わざわざ行きました。
もうそろそろ中毒と言っていいのかもしれません。。


ブログに書くであろうし、今回は違うメニューにしてみようか、
と思ったのは一瞬のことで、結局いつもの
カレーせいろ」を頼みました。
・・・芸がなくてすみません。やはり、中毒のようです。


ちくあん2 カレーせいろ
これね、これ。


ちくあん2 カレー
カレーのつけ汁。


ちくあん2 そば
そば。しこしこの。


ちくあん2 カレーにつけてるとこ
こうして、カレーにつけて食べるの。(分かるって・・・)


はー、やっぱりこれ、おいし〜。

でも、次こそは別のもの頼んでみたい!
「冷やし山菜そば (胡麻だれは105円プラス)」
ってメニューにちょっと心動かされたので、今度はこれかなー。


 人気ブログランキング
posted by: しろ文鳥 | そば・うどん | 22:00 | comments(0) | trackbacks(2) |
芝大門 豚とんびょうし
こんにちは。しろ文鳥です。(・e・)

今回は豚料理の店、「豚とんびょうし」に行ってきました。
“とんとんびょうし”と呼びます。
麻布十番が本店みたいですねー。
芝大門店は非常にこじんまりとしています。


まずはいつものモルツ生ビールでかんぱーい。
とん ビール

小手始めはとんとんびょうしサラダから。
とん とんサラダ
甘酢?のような柔らかい味でどんどん進みます。


次は、この店に来たら食べるべき、「サムギョプサル」。
豚肉を焼き、それをサンチュで巻いて食べるのですが、
豚肉の他にもいろいろなものを巻き込むようなのです。
友達が来るまで、メニューに書いてある説明文を熟読してました。

具材が運ばれてきましたが、調理はお店のおねーさんにお任せです。
まずは石板を熱くし、そこにキムチを乗せ、隣にながーい豚肉を並べられました。
さらにその隣にはカボチャ、ししとう、シイタケの野菜類です。
とん サム1

豚肉がいい感じに焼け始めてきたら、おもむろに石板を斜めにしました。
キムチが一番下流になるように、です。
とん サム2
豚肉から流れ出る脂を、キムチに染み込ませようとしているのですね。


肉、さらにいい感じです。
とん サム3

肉のつけだれは4種類。
とん サムたれ
右から「塩コショウ+ごま油」、「バーベキューソース」、「きなこ(!)」、
「辛味のタレ」です。


肉がカリカリした状態になってきたら、サンチュを用意。
その上に甘酢づけの薄切り大根を乗せ、お好みのタレをつけた豚肉、キムチ、
ごま油で和えたネギを乗せて、サンチュで丸めます。
とん サム巻き

これを食べる!
おぉぉぉ・・・思ったより全然マイルド〜。
キムチも焼かれて油を含み、辛さのトゲがやや消されています。
甘酢の大根も、全体の味を爽やかなものにしてくれています。

おいしいなぁ・・・ビールでどんどん進みます。
1枚とは言え、ながーい豚肉。一人で8回くらい食べられます。
満喫!!


ここで終わるわけにはいきません。
続いて、豚しゃぶしゃぶを注文。
えぇ、今日は終始『豚』で行くのです!

肉の種類が選べるのですが、先ほどのサムギョプサルと同様、
「鹿児島 黒豚」にしました。
黒いの・・何かしらの高級感を漂わせているからであります。


まず、土鍋が運ばれてきました。
とん しゃぶ鍋1
覗くと、昆布とともに「なつめ」が入ってます。


これはしゃぶしゃぶのタレです。
とん しゃぶタレ
左がポン酢、右はごまダレです。
ごまダレ・・・想像していたものと全く違う〜。
軽く塩こしょうしたごま油だそうな。
これに鍋のお湯を足してタレにするのです。
とん しゃぶごまダレ


野菜が来ました。
とん しゃぶ野菜

続いて黒豚。
とん しゃぶ肉2
とん しゃぶ肉1
丸くてかわいい・・・


先行投入の野菜のあとに、黒豚をしゃぶしゃぶ。
とん しゃぶ中


ポン酢でいただこうっと。
とん しゃぶ肉&ポンズ


しめじでごまダレにチャレンジ。
とん しゃぶきのこ&ゴマダレ

思っていたよりさっぱり。
ごま油の風味が抜群です。これはいいかも。


2人で2人前では足りず・・黒豚をオカワリをした後にはシメのうどん。
とん うどん引き揚げ

ポン酢で食べるうどん、鍋のあとの醍醐味!
とん うどんポンズ


心ゆくまで食べて、大満足でした。
初体験のサムギョプサルも、あまり辛いものが得意でないしろ文鳥にも全然いけました。
ぜひお試しいただきたい味です。


お店はあっという間に満席。
予約が確実だと思います。

そういえば、雑誌「レオン」のチョイ悪 元・編集長の岸田さん(だった?)が
出版社の人と思われる男性たちと入って来ましたよ。
(これ、ミニミニ情報)


 ★お店データ★
 麻布十番 豚とんびょうし 芝大門店
 東京都港区芝大門2-1-8
 03-3431-7119


 人気ブログランキング


posted by: しろ文鳥 | 豚料理 | 08:35 | comments(4) | trackbacks(61) |
銀座 比内や 本店
こんにちは。しろ文鳥です。(・e・)

昨日は会社の部署での歓送迎会。
銀座 比内や 本店」に行ってきました。


宴会コースは、まずは比内やサラダからスタート。

続いて、鶏の刺身。
比内や 鶏の刺身
魚の刺身は大好きなんですが、生のお肉にちょっとした抵抗があります・・・
でもここの鶏は本当に新鮮で、しこしこした歯ざわりでおいしかったです。


次は焼き鳥。
鶏やさんですからね。
比内や 焼き鳥


次に出てきたのは、鶏つくね温玉のせ!
比内や 鶏のつくね温泉卵のせ

しろ文鳥、温玉好きです〜。(‘θ‘)
温玉のってるってだけでおいしさが倍増します〜。
つくねのタレが柔らかい味になって、実に美味でした。


さらに、しゅうまいと蒸しぎょうざ。
比内や しゅうまいと蒸し餃子

中のひき肉は鶏!?冷めても柔らかくいただけました。


オオトリ(‘θ‘)はきりたんぽ鍋。
比内や きりたんぽ鍋1
比内や きりたんぽ鍋2
そろそろ鍋のおいしい季節ですね〜。

鶏肉・鶏だんごも入り、だしは万全のお味でした。
きりたんぽもモチモチしておいしい〜。


最後はやっぱり、これ。
比内や ぞうすい
鍋のあとは雑炊です!


お腹いっぱい〜のこのコース、3,675円だそうな。
味でも量でもほんとにお得です。


 ★お店データ★
 銀座 比内や 本店
 東京都中央区銀座8-8-5 太陽ビル8階
 03-3569-3663
posted by: しろ文鳥 | 居酒屋 | 13:48 | comments(2) | trackbacks(7) |